Current exhibition

On view

HIROSHI SUGIMOTO | OPTICKS

 

2021年3月26日(金)­- 5月1日(土)

12:00–19:00

*日/月/祝日休廊

 

この度、ギャラリー小柳では杉本博司の個展『OPTICKS』を、3月26日(金)から5月1日(土)の会期で開催いたします。本展では、去年京都市京セラ美術館で発表された大判カラー作品「Opticks」シリーズから4点を展示いたします。本シリーズは、アイザック・ニュートンのプリズム実験の再現から始まり、最新技術を駆使し、杉本が15年間かけて完成させたものです。

 

1704年に出版されたニュートンの『光学(OPTICKS)』により、白色だと思われていた太陽光が、プリズムによって赤、橙、黄、緑、青、藍、紫など複数の色から構成されていることが発見されました。杉本は、ニュートンが発明した観測装置を改良し、プリズムを通して分光させた色そのものをポラロイドフィルムで記録しています(*) 色と色の隙間に立ち現れる無限の階調を焼き付けたポラロイドをデジタル技術で大判プリント作品に仕上げています。

杉本は「私は捨象されてしまった色の間でこそ世界を実感することができるような気がするのだ。そして科学的な認知が神を必要としなくなった今、そこからこぼれ落ちる世界を掬い取るのがアートの役割ではないかと思うようになった。私は余命幾ばくもないポラロイドフィルムを使って、この色と色の隙間を撮影してみることにした。」と語っています。モノクロの写真作品で知られる杉本にとって初の試みとなる、「光を絵の具として使った」圧倒的なカラーフィールドを体感ください。

 

*ポラロイド社は2001年、2008年に経営不振により倒産した。その後2017年に債権者が立ち上げたインポッシブル・プロジェクトにより事業は引き継がれたが、本来のポラロイドフィルムは2008年に製造中止された。本展覧会の作品は2009−2010年に最後の在庫フィルムで撮影されたものです。

 

 

Opticks

 

 ニュートンによるプリズム実験の再現を始めてから今年で15年になる。毎年冬になると日の出の位置がプリズムの正面に近づいてくる。冬の冷気を通過してくる光は分光され、薄闇の観測室に導かれ、白漆喰の壁に拡大されて投影される。私はその色の階調の奥深さに圧倒される。光の粒子が見えるような気さえするのだ。そしてその一粒一粒の粒子が微妙に違う色を映している。赤から黄、黄から緑、そして緑から青へと無限の階調を含んで刻々と変化していく。私は色に包まれる。特に色が闇に溶け込む時、その階調は神秘へと溶け込んでいくようだ。

 

私はポラロイドの小さな画面の中にもその微細な粒子が閉じ込められているであろうことに気がついた。数年にわたる実験の結果、私自身が色の中に溶け込むことができるような十分な大きさを持った色画を作ることに成功した。私は光を絵の具として使った新しい絵(ペインティング)を描くことができたように思える。

 

杉本博司

 



ルイザ・ランブリ

 

2021年1月15日(金)­- 3月19日(金)

12:00–19:00

*日/月/祝日休廊

 

ご来廊時のお願い

・感染拡大防止のため、ご来廊いただいた際にお名前・ご連絡先のご記入をお願い致します。

・マスクの着用と、入場前に手指のアルコール消毒のご協力をお願い申し上げます。

・発熱や咳等の症状があるお客様はご来廊をご遠慮くださいませ。また、入場時の検温で37.5℃以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。 

 

弊社の対応について

・スタッフは全員、毎朝体温測定を行ない健康状態を確認のうえ出勤しております。

・定期的に扉や窓を開け換気いたします。

・スタッフは手洗いや手指の消毒を励行し、マスク着用でご対応いたします。

・飛沫防止のためギャラリーレセプションにパーティションを設置させていただきます。

・お客様がお手を触れる場所の消毒を定期的に実施いたします。

Untitled (21st Century Museum of Comtemporary Art, #03, #02), 2007


 (left) Michaël Borremans, Fire from the Sun (single figure standing), 2018, oil on canvas

(center) Mark Manders, Unfired Clay Head on Wooden Floor, 2015painted bronze, wood, glass

© Michaël Borremans|Mark Manders / Courtesy of Zeno X Gallery, Antwerp and Gallery Koyanagi, Tokyo

(right) Hiroshi Sugimoto, Gemsbok1980, gelatin silver print © Hiroshi Sugimoto / Courtesy of Gallery Koyanagi


Gallery selection|

 

ミヒャエル・ボレマンス

マーク・マンダース

杉本博司 — ジオラマ

 

2020年9月16日(水)­- 11月28日(土)

*10月27日(火)は展示替え作業のため休廊いたします。

*10月28日(水)から一部展示作品を変え再開いたします。

 

予約制についてはこちらをご覧ください。  


Hiroshi Sugimoto, Past Presence 001, Tall Figure, III, Alberto Giacometti, 2013

© Hiroshi Sugimoto  © Succession Alberto Giacometti (Fondation Giacometti, Paris + ADAGP, Paris) 2020

 

杉本博司|Past Presence

2020年3月14日(土)­- 8月29日(土)[夏季休廊:8月11日-15日] *会期延長となりました。

*ギャラリー小柳は6月9日(火)より当面のあいだ予約制にてギャラリーを再開いたします。

予約制についてはこちらをご覧ください。 

 

この度、ギャラリー小柳では3月14日(土)から8月29日(土)の会期で、杉本博司の個展『Past Presence』を開催いたします。

ギャラリー小柳での個展は、2014年以来6年ぶりとなります。

 

本展では、国内初公開となる「Past Presence」シリーズから新作4点を展示いたします。本シリーズでは、杉本の長年のテーマである時間と歴史を20世紀のモダン・マスターズの作品群によって探求しています。ジャコメッティ、ブランクーシ、ピカソ、マグリットなど、それぞれの作品を写した写真は彼の「建築」シリーズと同様に、無限の二倍の焦点(twice as infinity)で撮影されています。意図的にぼかされた写真はアーティストの理想的なフォルムや、脳内で発想されたイメージそのままの姿を浮かび上がらせ、私たちはそのなかに無意識のうちに馴染みのあるかたちを見出そうとします。杉本の表現はこのように私たちの視覚的記憶を呼び起こし、イメージとはどのように記憶されているのか——イメージは正確な記憶として想起されるのか——杉本は見る者に作品を取り巻くディテールを取り除き、作品本来の概念や本質を顧みるよう投げかけます。

 

なお、細見美術館では4月4日(土)より「飄々表具 —杉本博司の表具表現世界—」、京都市京セラ美術館では5月26日(火)より「杉本博司 瑠璃の浄土」が開催中です。また、森美術館でのグループ展「STARS展:現代美術のスターたち——日本から世界へ」にも参加いたします。あわせてご高覧頂ければ幸いです。

 

 

Past Presence

 

2013 年、MoMA からの彫刻庭園撮影のコミッションが来た。フィリップ・ジョンソンの設計になるこの 彫刻庭園には、モダニズム彫刻の名作が並べられている。私は「建築」シリーズのコンセプトに準規して 彫刻庭園の撮影に臨む事にした。数ある名彫刻の中で、まず私の眼を引いたのはジャコメッティの彫刻だ った。その研ぎすまされたフォルムは、人間の肉体から肉の部分を削ぎ落して、さらに残るもののみを、 極限の状態で表すことに成功しているように思われた。私は私の写真によるアプローチが、すでにジャコ メッティの彫刻においては成就されているのではないのかと、思わざるを得なかった。私はこのジャコメッティの彫刻に二度カメラを向けてみた。昼日中の白日の時、そして夕暮れ時の薄明の時。私は能舞台上に現われる、二人の人物像を思った。能舞台では死者の魂が復活して現われる様を描く。前シテと呼ばれ る前半では、土地の者が死者の変わり身となって、死に至った無念の情を述べる。そして後シテの後半では、その死者の亡霊が再び現われ、成仏できずにいる苦渋の舞を舞う、という設定だ。演劇のうちに死者の姿を垣間みる、そのリアリティーがどれほどのものであるかは、演技の迫真力とともに、鑑賞者の心眼の力量にも負う所が多い。私はジャコメッティを写しながら、能舞台を見る心持ちがした。能舞台では過去が今として(Past Presence)蘇るからだ。私はこのジャコメッティからの啓示を得て、次々に他の作品群にも挑んでいった。

 

杉本博司

 

 

杉本博司|Past Presence

2020年3月14日(土)- 4月25日(土)

*COVID-19の影響により3月27日(金)より休廊いたします。

 

この度、ギャラリー小柳では3月14日(土)から4月25日(土)の会期で、杉本博司の個展『Past Presence』を開催いたします。

ギャラリー小柳での個展は、2014年以来6年ぶりとなります。

 

本展では、国内初公開となる「Past Presence」シリーズから新作4点を展示いたします。本シリーズでは、杉本の長年のテーマである時間と歴史を20世紀のモダン・マスターズの作品群によって探求しています。ジャコメッティ、ブランクーシ、ピカソ、マグリットなど、それぞれの作品を写した写真は彼の「建築」シリーズと同様に、無限の二倍の焦点(twice as infinity)で撮影されています。意図的にぼかされた写真はアーティストの理想的なフォルムや、脳内で発想されたイメージそのままの姿を浮かび上がらせ、私たちはそのなかに無意識のうちに馴染みのあるかたちを見出そうとします。杉本の表現はこのように私たちの視覚的記憶を呼び起こし、イメージとはどのように記憶されているのか——イメージは正確な記憶として想起されるのか——杉本は見る者に作品を取り巻くディテールを取り除き、作品本来の概念や本質を顧みるよう投げかけます。

 

なお、4月4日(土)より京都市京セラ美術館では「杉本博司 瑠璃の浄土」、細見美術館では「飄々表具 —杉本博司の表具表現世界—」が開催予定です。また、4月23日(木)から始まる森美術館でのグループ展「STARS展:現代美術のスターたち——日本から世界へ」にも参加いたします。あわせてご高覧頂ければ幸いです。

 

 

Past Presence

 

2013 年、MoMA からの彫刻庭園撮影のコミッションが来た。フィリップ・ジョンソンの設計になるこの 彫刻庭園には、モダニズム彫刻の名作が並べられている。私は「建築」シリーズのコンセプトに準規して 彫刻庭園の撮影に臨む事にした。数ある名彫刻の中で、まず私の眼を引いたのはジャコメッティの彫刻だ った。その研ぎすまされたフォルムは、人間の肉体から肉の部分を削ぎ落して、さらに残るもののみを、 極限の状態で表すことに成功しているように思われた。私は私の写真によるアプローチが、すでにジャコ メッティの彫刻においては成就されているのではないのかと、思わざるを得なかった。私はこのジャコメ ッティの彫刻に二度カメラを向けてみた。昼日中の白日の時、そして夕暮れ時の薄明の時。私は能舞台上 に現われる、二人の人物像を思った。能舞台では死者の魂が復活して現われる様を描く。前シテと呼ばれ る前半では、土地の者が死者の変わり身となって、死に至った無念の情を述べる。そして後シテの後半で は、その死者の亡霊が再び現われ、成仏できずにいる苦渋の舞を舞う、という設定だ。演劇のうちに死者 の姿を垣間みる、そのリアリティーがどれほどのものであるかは、演技の迫真力とともに、鑑賞者の心眼 の力量にも負う所が多い。私はジャコメッティを写しながら、能舞台を見る心持ちがした。能舞台では過去が今として(Past Presence)蘇るからだ。私はこのジャコメッティからの啓示を得て、次々に他の作品群にも挑んでいった。

 

杉本博司

 

ダウンロード
press release
koyanagi_sugimoto_pr.pdf
PDFファイル 400.1 KB