On view

 

still life 静物

  

2021年6月4日(金)­- 7月31日(土)

12:00–18:00 *緊急事態宣言に伴い、営業時間を短縮しております。 

*日 / 月 / 祝日休廊

 

出展作家:

ダイアン・アーバス

ミヒャエル・ボレマンス

マーク・マンダース

杉本博司

須田悦弘

ユアサエボシ

 

ご来廊時のお願い

・感染拡大防止のため、ご来廊いただいた際にお名前・ご連絡先のご記入をお願い致します。

・マスクの着用と、入場前に手指のアルコール消毒のご協力をお願い申し上げます。

・発熱や咳等の症状があるお客様はご来廊をご遠慮くださいませ。また、入場時の検温で37.5℃以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。 

 

弊社の対応について

・スタッフは全員、毎朝体温測定を行ない健康状態を確認のうえ出勤しております。

・定期的に扉や窓を開け換気いたします。

・スタッフは手洗いや手指の消毒を励行し、マスク着用でご対応いたします。

・飛沫防止のためギャラリーレセプションにパーティションを設置させていただきます。

・お客様がお手を触れる場所の消毒を定期的に実施いたします。


マーク・マンダース[特別インタビュー]

a film by GRIET TECK

interviews by ASTRID HOLSTERS

in collaboration with Zeno X Gallery, Antwerp (BE)


杉本博司頃難に思う(読売新聞4月15日掲載)

杉本博司「頃難に思う」映像バージョン

杉本博司「頃難に思う」

2020年

プロダクション/テキスト/ディレクション:杉本博司

音楽:渋谷慶一郎

Music : Keiichiro Shibuya

”Appropriate Proportion”

ATAK018 Soundtrack for Memories of Origin Hiroshi Sugimoto

原文:2020年4月15日読売新聞より

展示写真:京都京セラ美術館「杉本博司 - 瑠璃の浄土」展より

写真:小野祐次、鈴木芳雄、杉本スタジオ

 

 

Information

2021年5月29日|【マーク・マンダース】展示再開のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館しておりました東京都現代美術館での「マーク・マンダース ーマーク・マンダースの不在」展が、6月1日(火)よりついに再開となります。

再開にあたり、展覧会の会期は6月22日(火)まで延長され、会期中、休館日も臨時開館となります。 

どなた様も事前予約が必須となります。当日券の販売はございませんので、ご注意くださいませ。

 

詳細は東京都現代美術館webサイトをご覧ください:

https://www.mot-art-museum.jp/news/2021/05/20210526132251/

Mark Manders' Studio View


2021年5月8日|【重要・更新】 ギャラリー再開・営業時間短縮のお知らせ

緊急事態宣言の延長に伴い、ギャラリー小柳は5月12日(水)より5月29日(土)まで営業時間を短縮し再開いたします。

 

期間:5月12日(水)より 5月29日(土)

変更後の営業時間:12:00–18:00

 

大変お手数をお掛けいたしますが、ウイルス感染拡大防止のためご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。


2021年4月7日|【杉本博司】【クリスチャン・マークレー】会期変更のお知らせ

現在開催中の杉本博司個展「OPTICKS」の会期を5月29日(土)まで延長いたします。

なお、5月に開催を予定しておりました、クリスチャン・マークレーの個展は新型コロナウイルスの影響により作家来日が困難となったため延期となりました。

新たな情報が決まり次第、告知いたします。

Christian Marclay, Face (Green), 2020, 30 x 30.3 cm


2021年3月19日|【マーク・マンダース】

東京都現代美術館にてマーク・マンダースの個展が、3月20日から6月20日の会期で

開催されます。国内美術館では初の個展となります。

ご高覧いただければ幸いです。

 

「マーク・マンダース — マーク・マンダースの不在」

2021年3月20日(土・祝)­- 6月20日(日)

東京都現代美術館


2020年10月15日|【杉本博司】杉本博司著「江之浦奇譚」刊行のお知らせ

構想から20年の歳月をかけて開館した「小田原文化財団 江之浦測候所」の馴れ初めから現在に至る数々の因縁話を、設立者であり設計者でもある杉本博司が一気に書き下ろした『江之浦奇譚』が10月9日に岩波書店より刊行されました。

各章に美しい図版と自作の和歌が添えられ、表紙には茶室「雨聴天」の腰張り写真をあしらった著者自装による贅沢な1冊です。ぜひご覧ください。 

『江之浦奇譚』杉本博司 著

岩波書店 10月9日発売  

2,900円(+税)


2020年5月22日|【杉本博司】映像公開のお知らせ

杉本博司「頃難に思う」映像バージョンがリリースされました。