On view

still life 静物

 

2021年6月4日(金)­- 7月31日(土)

12:00–18:00 *緊急事態宣言に伴い、営業時間を短縮しております。

*日/月/祝日休廊

 

出展作家:

ダイアン・アーバス

ミヒャエル・ボレマンス

マーク・マンダース

杉本博司

須田悦弘

ユアサエボシ

 

この度ギャラリー小柳では、2021年6月4日(金)から7月31日(土)の会期にて 6名の作家によるグループ展「still life 静物」を開催いたします。

初出展となるユアサエボシは大正生まれの架空の三流画家、ユアサヱボシ(1924−1987)に擬態し作品を制作しています。 ユアサは作品によってこの三流画家の人物像を肉付けし、時間を巻き戻してその架空の人生のパーツを埋めてゆきます。 今回は架空のユアサヱボシ、実在のユアサエボシ双方にとって初めての静物画を3点発表いたします。

杉本博司は京都服飾文化研究財団のコレクションを彫刻として撮ったシリーズ「スタイアライズド・スカルプチャー」から1点、 特別な被写体を正面から捉えたポートレイトで知られるダイアン・アーバスは、彼女が撮影した作品のなかではめずらしく静物をモティーフとした作品を、 現在、東京都現代美術館*で個展を開催しているマーク・マンダース、彼と金沢21世紀美術館で二人展を開催したミヒャエル・ボレマンスもそれぞれ1点ずつ作品を展示いたします。また、国内外の美術館や芸術祭で発表を続ける須田悦弘は新作を展示予定です。

是非会場でご覧下さい。 

 

*現在、緊急事態宣言発令のため全館臨時休館中ですが、6月1日(火)より再開となります。最新情報は東京都現代美術館ホームページをご確認ください。

 


 

ご来廊時のお願い

・感染拡大防止のため、ご来廊いただいた際にお名前・ご連絡先のご記入をお願い致します。

・マスクの着用と、入場前に手指のアルコール消毒のご協力をお願い申し上げます。

・発熱や咳等の症状があるお客様はご来廊をご遠慮くださいませ。また、入場時の検温で37.5℃以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。 

 

弊社の対応について

・スタッフは全員、毎朝体温測定を行ない健康状態を確認のうえ出勤しております。

・定期的に扉や窓を開け換気いたします。

・スタッフは手洗いや手指の消毒を励行し、マスク着用でご対応いたします。

・飛沫防止のためギャラリーレセプションにパーティションを設置させていただきます。

・お客様がお手を触れる場所の消毒を定期的に実施いたします。