On view

橋本晶子|I saw it, it was yours.

  

2021年9月11日(土)­- 10月30日(土)

12:00–18:00

*日 / 月 / 祝日休廊

*10月22日(金)、28日(木)は休廊いたします。

 

この度、ギャラリー小柳では橋本晶子の個展「I saw it, it was yours.」を9月11日(土)から10月30日(土)の会期で開催いたします。
 
橋本晶子は1988年生まれ。2015年に武蔵野美術大学修士課程を修了。膨大な作業量によって描かれた鉛筆画を空間に配したインスタレーションを展開しています。
近年では、2020年に資生堂が企画する公募展 第14回 shiseido art egg に選出され、資生堂ギャラリーにて展覧会『Ask him』を開催、見事 shiseido art egg 賞を受賞したほか、2019年にはパリのレジデンス施設「Cité internationale des arts」の自身の居住スペースにて個展『Will it rain?』を開催しました。


橋本の作品は一見、白い紙に描かれた鉛筆画が家具や照明などと共に、仄暗い空間に配されているだけのように見えます。緻密に描かれた「鉛筆画」は時に僅かに折られ、あるいは一部が隠されて、壁にテープで軽くとめつけられています。

橋本が見せようとしているのは、それら要素を緩やかに繋げて見せた先にあるものであり、作品を見る私 たちと私たち自身の影が重なることによって現れる「絵」でもあるのです。

 

本展では10 点の新作と共に『Ask him』で展示した、トレーシングペーパーにカーテンを描いた巨大な 鉛筆画に新作を組み合わせ、ギャラリーに新たな風景を作り上げます。

是非ご高覧いただき、橋本晶子の作り上げる空間を体験いただけますと幸いです。

 


 

ご来廊時のお願い

・感染拡大防止のため、ご来廊いただいた際にお名前・ご連絡先のご記入をお願い致します。

・マスクの着用と、入場前に手指のアルコール消毒のご協力をお願い申し上げます。

・発熱や咳等の症状があるお客様はご来廊をご遠慮くださいませ。また、入場時の検温で37.5℃以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。 

 

弊社の対応について

・スタッフは全員、毎朝体温測定を行ない健康状態を確認のうえ出勤しております。

・定期的に扉や窓を開け換気いたします。

・スタッフは手洗いや手指の消毒を励行し、マスク着用でご対応いたします。

・飛沫防止のためギャラリーレセプションにパーティションを設置させていただきます。

・お客様がお手を触れる場所の消毒を定期的に実施いたします。

ダウンロード
press release
210909_hashimoto_pr.pdf
PDFファイル 3.0 MB